FAQ、よくある質問

服装について

どんな服装がいいですか?

動きやすい服装がいいです。速乾性に優れたものがおすすめです。

ジーンズなどの厚手のものや綿製品は濡れると乾きにくく、歩きにくくなりますので避けてください。ジャージなどの動きやすい化繊製品をおすすめします。

12月、1月、2月、3月
半袖Tシャツ+長袖シャツ+厚手フリース(防寒用に薄手のジャンパーもしくはウインドブレーカー)動きやすいズボン+タイツ+手袋+帽子雨具(全てを着用して雨具がきれるように)
4月~5月  10月~11月
半袖Tシャツ+長袖シャツ+フリース動きやすいズボン+雨具
6月、7月、8月、9月
半袖Tシャツ+長袖シャツ(防寒用)動きやすいズボン+雨具

※上記の服装は、大まかな目安です。日によって大きく変わることもございます。

装備について

雨具はどんな雨具がいいですか?

登山用品店で販売しているゴアテックス素材の雨具が一番いいです。

安価な(100円均一などの)雨具は避けてください。10分20分の行動ならさほど問題もありませんが、行動時間が長くなるとその差は大きくなります。しっかりした雨具は楽しむために必要な装備です。

靴はスニーカーでも大丈夫でしょうか?

スニーカーでも行けなくもないですが、登山に適した靴ではありません。

足首まで包んでくれるトレッ キングシューズがおすすめです。

新しく購入された場合は、1週間は履きならしてください。

※軽登山靴と雨具のレンタルが屋久島のスポーツ用品店でございます。

数に限りがございますのでお早めに予約お願いします。

レンタルの場合は、ツアー前日にお店でレンタルお願いします。

ヘッドライトは必要ですか?

季節によっては、スタートする時点でまだ暗い場合がございます。

下山が遅くなる可能性もございますので、必ずご用意ください。

両手を使えるヘッドライトが理想ですが、なければ、携帯用のライトでも大丈夫です。

折りたたみ傘は必要ですか?

雨の日、昼のお弁当を食べるのに必要です。屋根のないところも多いです。

また歩きやすいところ(トロッコ道)では、雨具との併用も便利です。

飲み物はどれくらい持っていけばいいのでしょうか?

500mlほど持ってきてください。お茶よりスポーツドリンクがおすすめです。

(ミネラル補給に最適)

普段より良く飲まれる方は、2本お持ちください。(特に夏場)

空になれば、沢で水を補給します。

装備について他に注意点はありますか?

古い登山靴ですが、靴底がはがれるトラブルが頻繁にございます。

チェックをお願いします。

ザックは、両肩で担げる物をご用意ください。日帰りは25L~30Lぐらい、1泊は40L~50Lをお持ち下さい。ザックカバーも有効です。中身の防水もお忘れなく。貴重品やカメラはジップロックなどに入れてお持ちください。

ステッキがあると下りが少し楽になります。お持ちの際は、石突きにキャップをはめてください 。 石突きで木の根や木道をいためてしまいます。

荷物は軽くが基本です。なるべく軽くするように心がけましょう。

送迎について

送迎はしてもらえますか?

尾之間~安房~宮之浦間は宿までの送迎いたします。

縄文杉へおこしの方は、安房付近でお泊まりいただくと送迎の移動時間も少なくなります。

季節と天気について

どの季節がおすすめですか?

どの季節もそれぞれにおすすめがございます。

それぞれの季節のおすすめを上げると

  • 春は「木の芽流し」による新緑の様子
  • 夏は水辺の遊びが気持ちよく、滝の水しぶきに濡れるのも最高です。
  • 秋は暑さも一段落し山を散策するには気持ちの良い季節となります。
  • 冬はもっとも屋久島が静かな季節です。雪が降り積もる白谷へ行けば、苔と雪に音が吸収され静寂の世界を堪能できます。

それぞれの季節でいろいろなおすすめがございます。

天気はいいのはいつですか?

屋久島の気候で少し紹介しています。

雨の多い梅雨時期でも雨の降らないときもございます。また雨の少ない秋冬でもそれなりの
降水量がございます。屋久島へくるときは雨も楽しみに来てください。

その他FAQ

カードは使えますか?

申し訳ございませんが、カードでのお支払いは対応しておりません。ツアーの当日、現金にてお支払いください。

妊娠していますが、ツアーに参加できますか?

大切なお子様のことを考え、ツアー参加はご遠慮いただいてます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ